労務コンプライアンス体制構築

概要
運用・行政指導が厳しい時代だからこそ、法に沿った適切な運用を目指すことは、貴社の人材の活性化に貢献します
狙い・効果
労務コンプライアンス体制の構築とは単なる表面的な法知識では実現できません。以下の2つの視点が重要になります。
・ 規程・ルール ・・・ 労働法は労働者保護の視点が強く、企業側には不利な法律です。
             そのため、表面的な知識のみだと、過度に企業側には厳しいものに
             なってしまいます。
・ 実際の運用  ・・・ 法を理解した上で、それに合致する運用方法を見出すには実運用の理解と
             運用できる方法の落とし込みが必要です。

概要資料
詳細は下記リーフレットをご覧ください。
他社事例
労務コンプライアンス体制構築の事例

お役立ちツール
小冊子 : これまで誰も教えてくれなかった 労務管理の真のアプローチ方法とは?
       ~業績に向上する労務管理の手法のご紹介~


詳細資料
<「働き方改革」時代の人材マネジメント>業績向上を目指す労務マネジメントのご紹介

(日本の人事部のサイトにアクセスします)


※日本の人事部ユーザー登録がない方は、お問い合わせフォームより、ダウンロード資料名を記入の上、ご連絡頂戴できればと思います。