誰も教えてくれなかった労務管理の真のアプローチ方法とは? |さかえ経営


download

誰も教えてくれなかった労務管理の真のアプローチ方法とは?

<概要>
「働き方改革」「ブラック企業」時代において、以前にも増して、法令順守が求られています。本冊子において、近年の労働基準監督署等業績の動きから、労務コンプライアンス体制構築のポイント、さらにはそれらをベースに業績向上に寄与するメゾットを記載しています。

<詳細説明>
労働審判制度の確立、インターネットをはじめとする、情報化社会の進歩により、労働者の権利意識は急速に増していきました。さらには近年、「ブラック企業」「働き方改革」などの言葉も一般化され、企業の労務管理はパラダイムシフトが起こっています。
これらの労務マネジメントは、単なる法律の遵守ではなく、企業の認識と従業員の認識をすり合わせるということが求められる考えています。

それには、法律の趣旨をよく理解して、その内容を個別企業の現状に合わせて、咀嚼することが求められます。そのためには、単なる表面的なものではなく、労働法の真の知識が不可欠になります。しかしながら、法そのものの議論と、社会風土における対応を混同していたり、企業側の現状が反映されていなかったりなどして、その対応が十分できない場合が多々あります。

さかえ経営が考えている労務マネジメントは、仕方なく実施する「守り」のアプローチではありません。企業の業績に貢献する「攻め」のアプローチです。
本冊子においては、今の時代だからすべき企業の労務マネジメントのメゾットについて触れています。企業・従業員それぞれが満足するとともに、労務コンプライアンス体制を確立し、企業の業績に寄与できれば幸いです。

フォーム送信完了後、
こちらから別途メールにて、
PDFファイルのダウンロードリンクを
お送りいたします。

資料請求フォーム