人材マネジメントの転換期における対応 |さかえ経営


download

人材マネジメントの転換期における対応

<概要>
昨今の働き方改革やAIの浸透により、企業における人材マネジメントは大きな転換期を迎えたと言えます。本冊子において、少子高齢化・人の役割の専門化と高度化における人材マネジメントの対応について、採用から育成、人材活用の視点で触れていきます。

<詳細>
少子高齢化等の影響により、これからは少ない人員の中で如何に、一人一人の人材を最大限活用するかということが論点になってきています。そのためには、「核となる人材の見極め」「育成と登用」「働きにふさわしい対価」などが重要になってきます。つまり、企業における人材マネジメントの高度化はますます促進していかなければならないということが言えます。
その一つのキーワードとして、多様な価値観を踏まえた上での人材マネジメント、企業にとって必要な人材の定義になります。
本冊子では、これからの人材マネジメントにおいて必要な考え方を「採用」「育成」「配置・評価」などの視点で触れております。
ご一読頂き、そのメゾットを活かすことにより、少ない人員・労働時間で効果を生み出し、法的にも、人材の活性化的にも、充実した組織になり、結果として、企業の業績向上につなげて頂ければ幸いです。

フォーム送信完了後、
こちらから別途メールにて、
PDFファイルのダウンロードリンクを
お送りいたします。

資料請求フォーム