人の役割の変化とHR-Techの活用に向けて |さかえ経営


download

人の役割の変化とHR-Techの活用に向けて

ここ2年から3年にかけて企業の人材マネジメントにおける考え方が大きく変化しました。景気上昇による業務の増加、働き方改革の浸透による人員の増加の必要性、労働人口減少による人材不足などが進んできました。特に、中小企業やサービス業・IT関連では深刻なようで、経営に大きな影響を及ぼしている企業もあるようです。また、一部の企業を除いて、外国人の採用も進んでいない企業が多く存在しています。しかし、一方で、賃金が上がらない、ワーキングプア、仕事がないといった人も多く存在します。

人材不足と人余りの矛盾は人材のミスマッチが最大の原因であり、その解決に向けて、ミスマッチを解消するという選択肢ではなく、少ない人員の中で如何に、一人一人の人材を最大限活用するかということが論点になってきています。勿論、人材のミスマッチも解消する必要があります。しかし、これまでとは異なり、単に「物量」のみの需要ではなく、適材適所という視点を外すことができないと考えています。

以上のことから、これからは、「核となる人材の見極め」「育成と登用」「働きにふさわしい対価」などが重要になってきます。
この記事をご一読頂き、これからの貴社の人材マネジメントの一助にして頂ければ幸いです。

フォーム送信完了後、
こちらから別途メールにて、
PDFファイルのダウンロードリンクを
お送りいたします。

資料請求フォーム