コロナウイルスにおける企業の人事が考えておくべき事案 |さかえ経営


download

コロナウイルスにおける企業の人事が考えておくべき事案

―これまでの情報から想定される対応を検討する論点整理ー

報道等において、一部企業における対応は報じられているが、自社には適用できない、もしくは業態的なそぐわない等の問題が多い。多くの企業は、「何をどの様にしたら良いか」分からない現状も推察される。
この資料において、「決めるべきこと」の論点だしと、それらにおける対応を一例を記載した。

以下の内容は、医学的見地に基づいているものではなく、
さかえ経営が、各種報道、顧客企業の対応等に関して、独自に分析を行い、企業としてとることが望ましい方向性を各論点別に整理したものである。従って、内容・それに伴う行動等における一切の責任を閲覧者に一任することとし、弊社の責任は一切ないものとする。
また、人材ビジネス関係者、各士業の方、コンサルティング関連の方等、第3者からの企業支援を行っている方のダウンロードを固くお断りします。

コロナウイルスは、感染してから潜伏期間がある。健康な人が感染したとしても発症しない可能性がある。
学校の休校等により、就業が難しい従業員も増えている。その従業員の対応についても考慮する必要がある。
また、ある程度、広がってしまった現状を鑑みて、感染の予防という視点はあるものの、CSR・レピュテーションリスクの側面に対応すべきであると考えている。
当然のことながら、感染拡大を防止することは求められるが、それ以上に「企業として、人材マネジメントをどのように考えるか」が問われてくると考えている。
論点がいくつかあり、それを整理することにより、感染予防のみならず、従業員は勿論、取引先等のステークホルダーに対しても安心感を与えることができると考えている。

※ 本資料は、法律論というよりも、今ある論点の狙い・問題点から、現状想定される企業の対応について記載した

フォーム送信完了後、
こちらから別途メールにて、
PDFファイルのダウンロードリンクを
お送りいたします。

資料請求フォーム