BOOK9 : 【小冊子】<約120社に対するアンケート調査>効果が出る人材マネジメントとは?

-何のために人事制度を作り、研修を実施するのか-

 

約120社に対するアンケート結果から、実際に企業が抱える問題点や状況等を踏まえて、「企業は多様化する従業員の思考を理解した上で、人材の選択と集中を行う必要がある」ということを人事制度等の各種諸制度への展開をどのようにするのかということを説明しております。

 

企業の現在の人材マネジメントの施策・運用状況を分析すると同時に、これからの時代に必要な人材マネジメントのあるべき姿、そしてそれに近づけるために「何をどのようにしなければならない」のかを解説します。
構成としては、これまでの人材マネジメントの姿、それに伴う企業の人材マネジメントの施策そして運用状況の現状、更には今後のあるべき姿とそれに対して人事制度等を諸施策への展開となっています。

実際に企業が抱える問題点や状況等を踏まえて、「企業は多様化する従業員の思考を理解した上で、人材の選択と集中を行う必要がある」ということを人事制度等の各種諸制度への展開をどのようにするのかということを説明しております。
実際のアプローチは個別概念になるため、そのまま適用するのは難しいかもしれませんが、人材の選択と集中という概念を等級制度から評価、賃金制度、さらには教育制度、そしてそれを如何にして運用していくのかということについて触れていきます。
この冊子を元に是非、貴社の人材マネジメントにお役立ていただければ幸いです。

 

 

 

提供サービスの詳細は、HR-PROGあるべき人材像の策定DCH-Survey人事制度、他、様々なサービスがございます。

 

 

※注

人材関連会社、コンサルティング会社、会計事務所、社労士事務所等、同業者と思われる会社・組織のダウンロードは固くお断りいたします。

 

 

 

こちらからダウンロードして下さい。

(日本の人事部のサイトにジャンプします)

 

※日本の人事部ユーザー登録がない方は、お問い合わせフォームより、ダウンロード資料名を記入の上、ご連絡頂戴できればと思います。

 

 

2018年10月29日