約200社への調査 効果を出すことができる人材マネジメントとは |さかえ経営


download

約200社への調査効果を出すことができる人材マネジメントとは

<概要>
約200社に対するアンケート結果から、実際に企業が抱える問題点や状況等を踏まえて、「企業は多様化する従業員の思考を理解した上で、人材の選択と集中を行う必要がある」ということを人事制度等の各種諸制度への展開をどのようにするのかということを説明しております。

企業の現在の人材マネジメントの施策・運用状況を分析すると同時に、これからの時代に必要な人材マネジメントのあるべき姿、そしてそれに近づけるために「何をどのようにしなければならない」のかを解説します。
構成としては、これまでの人材マネジメントの姿、それに伴う企業の人材マネジメントの施策そして運用状況の現状、更には今後のあるべき姿とそれに対して人事制度等を諸施策への展開となっています。

<詳細>
実際に企業が抱える問題点や状況等を踏まえて、「企業は多様化する従業員の思考を理解した上で、人材の選択と集中を行う必要がある」ということを人事制度等の各種諸制度への展開をどのようにするのかということを説明しております。
実際のアプローチは個別概念になるため、そのまま適用するのは難しいかもしれませんが、人材の選択と集中という概念を等級制度から評価、賃金制度、さらには教育制度、そしてそれを如何にして運用していくのかということについて触れていきます。

本冊子では、これからの企業の人材マネジメントを考察するために、概念的な視点から、現行の企業の人材マネジメント上の問題点をアンケートにて調査しました。

内容としては、以下の通りです。

1.企業の人材・労務に関する問題

2.等級制度の内容・運用状況

3.評価制度の内容・運用状況

4.教育制度の内容・実施状況

5.その他、人材マネジメント上の問題点

それらを踏まえた上で、人材マネジメント上、どのようなアプローチが必要になるのか、人事関連諸施策における論点を記載します。

(1)人事方針・人事戦略

どのようなビジネス展開を行うのか、そのために現状としてどのような問題・課題があるのかを把握し、求められる人材像を定義すると同時に、どのように育成していくのかなどの方向性を立案する。

(2)人事制度―等級制度

人材のカテゴリ・レベルを、会社ごとのに基準に基づいた役割や能力に応じて設定します。単なる資格等級ではなく、人材の育成プラン等にも紐つけられていることも認識する必要がある。また、昇格・降格、役職への任免、異動、自己申告等の仕組も設計する。会社方針や、既存制度との連携等の制度の構築が必要である。

(3)人事制度―評価制度

等級や職種に応じた評価基準の設定、評価実施方法を検討する。目標管理や行動評価、スキル・業務評価等、多種多様な手法がある。

(4)人事制度―賃金制度

賃金体系、給与改定・賞与の実施方法を設計します。

等級制度の反映は勿論ですが、他社(市場)動向や、社内の原資等を意識した設計を行う必要がある。

(5)教育制度

貴社の考え方、等級制度、業界のトレンドを踏まえて、貴社に合致したあるべき育成体系を構築することが必要である。

(6)各種制度における運用

上記制度を適切に運用するような仕掛けの設定や、運用方法の構築が必要である。特に、論点になるのが管理職のコミュニケーション能力の向上である。

上記の他にも退職金制度やコミュニケーション施策、さらには賃金以外の報酬・非報酬インセンティブの設計などがあります。

実際に企業が抱える問題点や状況等を踏まえて、「企業は多様化する従業員の思考を理解した上で、人材の選択と集中を行う必要がある」ということを人事制度等の各種諸制度への展開をどのようにするのかということを説明しております。

実際のアプローチは個別概念になるため、そのまま適用するのは難しいかもしれませんが、人材の選択と集中という概念を等級制度から評価、賃金制度、さらには教育制度、そしてそれを如何にして運用していくのかということについて触れていきます。

この冊子を元に是非、貴社の人材マネジメントにお役立ていただければ幸いです。

フォーム送信完了後、
こちらから別途メールにて、
PDFファイルのダウンロードリンクを
お送りいたします。

資料請求フォーム