15_人事制度構築のご提案資料 |さかえ経営


download

多様化時代の人材マネジメント貴社に合致した人事制度構築のご紹介

これからの人材マネジメントは大きく変化しようとしています。
形式だけではなく、貴社の戦略・風土等に合わせた制度構築を行い、人材の活性化により、他社との競争において優位に立ちます。

さかえ経営の人事制度構築は下記の3つの特長があります。
(1) 企業のビジネス・企業文化、経営の思想等に合致した人材マネジメントの構築
コンサルティング会社の多くが、ある程度のテンプレートがあり、その内容に当てはめようとする場合が多々あります。さかえ経営も勿論、豊富な実績を元にしたテンプレートはありますが、単なる当てはめではなく、企業の特性を十分に理解して上で、その内容を大きくアレンジして、企業独自のものを安価にスピーディーに構築します。

(2) 運用を重視した人材マネジメントの構築
人事制度、評価制度をはじめとした、人材マネジメントの論点は、実際に企業が活用してはじめて目的が達成されます。しかしながら、制度構築のみに終始し、運用の視点がなく、形骸化した制度が多々あります。さかえ経営では、各現業部が自ら進んで運用している状態を目指して、最適な運用プランをご提供します。

(3) 多様化する人材の価値観を意識した人材マネジメントの構築
人材の価値観はここ30年で大きく変化しました。それ以前は皆が同じ価値観であったため、比較的画一的な対応で良かったですが、現在の人の価値観に合致し対応が必要になってきます。さかえ経営では、人材の特性・価値観を見極め、企業の成長は勿論、従業員の満足を満すことを目的としたサービスを提供します。

(4) 人件費のコントロール、市場価値を意識した人材マネジメントの構築
最終的な人件費等の枠はそれぞれ決まっているかと思います。人材マネジメントの構築・改善は時として、コストがかかる場合があります。勿論、一定のコストは必要なのは否定しませんが、ポイントしては、どのコストを厚くして、どのコストを低減させるかということだと思います。市場等を踏まえて、コストコントロールの手法と優先順位を整理します。

(5) 人材マネジメントの目的の明確化と一本化
さかえ経営では、人材マネジメントを導入するにあたって「何故、導入するのか」「何故、見直すか」などを十分に議論します。その内容を掲げると共に、時として、各論に入ると最初の目的を見失う時もあります。その場合も、本来の目的に立ち返って、議論を修正することにより、一貫性のある人材マネジメント体制の構築を目指します。

フォーム送信完了後、
こちらから別途メールにて、
PDFファイルのダウンロードリンクを
お送りいたします。

資料請求フォーム