人材像構築支援|人材分析なら、さかえ経営|東京・神奈川


ideal hr

まずは
お気軽にご相談ください!

HR-Tech 、 AI 時代に向けた
あるべき人材像構築サービス
~HR-PROGをベースにした人材マネジメント分析~

こんな課題ありませんか?

  1. 少子高齢化により、将来就労人口が減少し人手不足になる
  2. 働き方改革により、労働時間における行政指導の強化、労働時間の短縮の必要性が増している
  3. 生産性向上のため、アウトプット中心だったが、インプットも意識する必要がでてきた  など

このようなお考えの企業様に特におすすめです。

サービス紹介

事業戦略、風土などから、貴社にとって必要な人材を明確にし、最適な人材マネジメントを実現します。

これまでの人材マネジメントは、以下に人材を見つけ、登用していくことに価値をおいていました。しかし、現在、価値観の多様化・労働人口の減少などにより、人材の見極め、育成などがより重要になってきています。企業の状況・組織風土など、企業ごとに異なるため、単純に同業他社の動向をまねるだけでは、戦力ダウンを招きかねません。

さかえ経営では、貴社のあるべき人材像を策定し、人材マネジメントの諸政策に劣り込むことにより、企業競争力の向上を目指します。

なぜ、あるべき人材像構築支援が必要で、人材のシフトが求められるのか?

これからのマネジメントは、人材の特性の見極め、従業員の動向を踏まえた育成・配置などの基準の策定が必要です。

これからの
マネジメント
概要 実施内容
今後の方向性 今後の企業(当社)の方向性は勿
論、人工知能導入など業務の変化に合致した人材を選定・育成する。
<人材の役割のシフト>
人の役割が変わる。専門知識を要する業務においても、機械などが対応することによりこれまでの人の役割が作業から企画にシフトすることになる。
企業の課題とアプローチ どの人材がどのような業務に向いているのかが分からない。将来、どのような特性の人材を求められているのか 分からない。 <人材の役割のシフト>
どの人材がどの業務に向いているのか、会社・業務に対する姿勢・行動特性から把握する。人工知能をどの部分に活用するのかが明確に なる。

あるべき人材像構築支援により、得られる効果とは?

さかえ経営のあるべき人材像構築支援は、企業のビジネスモデルをはじめとした理念・計画などから、必要な人材、更にはその要素を測定し、可視化していきます。

その可視化された人材像になるためにはどのようなアプローチが必要なのか、具体的な施策なども提示しながら実現に向けたアプローチを行います。

貴社にとってのあるべき人材像を策定し、最適な人材マネジメントを構築します。

1.会社・業務に対する姿勢を測定
行動特性は勿論ですが、会社・業務に対する姿勢を測定することにより、単に優秀な人ではなく、貴社にとって優秀な人材を測定します。

2.人材マネジメントに活用することが可能
単なる人材診断ではなく、人事制度や社内風土改革等、あるべき人材を育成するための方法・手段が明確になります。

3.ビジネス環境を考慮したアプローチ
人材像は年を経るごとに変化します。単年の人材像だけではなく、ビジネスの変化を整理することにより、成長を促す人材マネジメントが可能になります。

会社・業務に対する
姿勢を測定

会社・業務に対する姿勢を測定行動特性は勿論ですが、会社・業務に対する姿勢を測定することにより、単に優秀な人ではなく、貴社にとって優秀な人材を測定します。

人材マネジメントに
活用することが可能

人材マネジメントに活用することが可能単なる人材診断ではなく、人事制度や社内風土改革など、あるべき人材を育成するための方法・手段が明確になります。

企業の状況変化
ごとの対応

企業の状況変化ごとの対応人材像は年を経るごとに変化します。単年の人材像だけではなく、変化を測定することにより、アクションも移すことができます。

あるべき人材測定の必要性と実施の流れ

ここ20年で就業に対する価値観が大きく変わりました。
以前は、一つの価値観で邁進することができましたが、昨今は「ブラック企業」「格差社会等」などに代表されるように人ごとに就労の価値観が変化してきました。
これからの企業の人材マネジメントは、その多様な価値観に対応していく必要があります。
一方で、企業の人材マネジメントは、一つの価値観に捉われようとしています。そのギャップが、企業に悪影響を及ぼしてしまいます。
単に優秀な人材だからと言って、価値観も同じとは限りません。貴社ビジネスとの合致性と、会社・業務に対して充足しているかという2点でアプローチします。

インタビュー調査・セッション・人材診断(HR-PROG)の双方を行い、貴社の人材マネジメントの方向性を整理・明示します。また、その際に、弊社の過去の実績等も踏まえた、外部視点も取り入れることも検討しています。
そして、その方向性を元に、貴社が求める人材像を整理し、各種人材マネジメントへの落とし込みができるように、具現化します。
人材ポートフォリオ(簡易版)
(あるべき人材像の構築)
    (1) インタビュー調査
    (2) アンケート調査
    (3) 人材像とりまとめ
どのような人材を処遇するのか、当社に一番必要な人材はどのような人材なのかを明確にします。

対応できる問題課題、さかえ経営の実績

<対応できる問題課題>

このような企業様に導入をお勧めします。
1.必要な人材の離職を防止したい企業
2.将来の幹部候補を育成したい企業
3.有効な人材マネジメントの施策を打ち出せない企業
4.人材の分析、定点観測をしたい企業
5.当社にとってあるべき人材像を明確にしたい企業
6.等級制度や評価制度が上手く機能していない企業    など

<支援実績>

昨今の人材マネジメントの困難化、採用難に伴い多くの企業が実施しています。
・ IT業 ・・・ 従業員数450人
・ 卸売業 ・・・ 従業員数150人
・ 運輸業 ・・・ 従業員数250人
・ 製造業 ・・・ 従業員数300人  その他にも多くの企業に採用され、効果を発揮しています。

ご利用の流れ

ご利用の流れ
  1. お問い合わせ
  2. サービスご説明
  3. 問題・課題のご確認
  4. 解決策のイメージのすり合わせ
  5. ご提案・お見積り
  6. ビジネスモデルのヒアリング・調査
  7. 現在・今後の人材パラメータ設定
  8. HR-PROG の調査の実施、人材パラメータの検証
  9. あるべき人材像のモデル化、現行との乖離の状況、施策のご提示
  10. 今後の施策展開のご提案