生産性向上分析|向上への施策検討ならさかえ経営|東京・神奈川


productivity improvement

まずは
お気軽にご相談ください!

「真」の生産性向上に
向けた施策のご提案
~業績とワークライフバランスの両立~

こんな課題ありませんか?

  1. 会社の利益が思うように上がらない
  2. 労働人口の減少しているので生産性を上げる必要がある  など

このようなお考えの企業様に特におすすめです。

サービス紹介

生産性向上

単なる削減ではなく、イン・アウト両方から生産性向上の指標の設定、その指標実現のための施策検討を支援します。

生産性向上と一言にいっても、人の解釈は異なります。最近ですと、単なる労働時間減らし、強制帰宅などが先行しているようにも思えます。企業の本来の活動は、「利益を出す」ことです。さかえ経営が目指す生産性向上とは、労働時間などのインプットももちろん大切ですが、アウトプットも同じように重要視しています。

なぜ、生産性向上の分析が必要なのか?

生産性向上するためには、単なる削減だけではなく、アウトプットを意識しながら、取り組む必要があります。
さかえ経営では、これらを意識した上で、生産性向上の分析を行い、ご提案させていただきます。
なぜ、生産性向上の分析が必要なのか?

アウトプット施策

改善活動
  • 業務の効率化
  • 生産力向上
イノベーション
  • 新商品開発
  • ビジネスモデルの刷新

インプット施策

改善活動
  • 業務の効率化
  • 時間削減
  • コスト削減
イノベーション
  • ビジネスモデル再構築
  • リストラクチャリング
  • 分業・アウトソーシング化

生産性向上分析により、得られる効果とは?

指標の決定から、実際の活動に至るまでに、

大きく分けて、3つのステップがあります。
特に大切なのは、「STEP2」のKPI設定です。

実際の改善活動の影響を寄与します。

STEP1
比較する指標の決定
生産性を表す指標を決定する。指標としては、可能限り、経理・財務数値、社内でコンセンサスが得られている数値から算出できるものとします。
また、数値は、ある程度、他社比較できる数値が望ましいです。
STEP2
指標に影響する要素の決定(KPI)
それぞれの指標に影響する要素を決定します。例えば、労働時間であれば「効率化」「削減」などが挙げられます。定量的なものが望ましいが、場合によっては、定性的なものも可能とします。
STEP3
要素(KPI)が影響する活動
要素を達成するために、何をすれば良いのかを考えます。左記例からすると、業務分析 無駄な業務の
削減などが施策として挙げられます。施策については、PDCAをサイクルを意識して実行することが望ましいです。

ご利用の流れ

ご利用の流れ
  1. お問い合わせ
  2. サービスご説明
  3. 現状の問題・課題と事業環境の確認
  4. データの整備と調査
  5. 分析の実施
  6. 解決策のイメージのすり合わせ
  7. 結果のご送付
  8. 今後の対応策のご提案